解決事例

ネットに拡散した事実無根の記事を削除・非表示した事例

ネットに拡散した事実無根の記事を削除・非表示した事例
個人
2020年01月01日更新
  • ウェブフォームなどからの削除依頼
Eさん
芸能人

ご相談に至った経緯

Eさんは、芸能活動等をしている著名人です。Eさんはあるとき、まったく事実無根の週刊誌記事を掲載され、その上、インターネットのブログサイト等でその記事を転載・拡散され、自分の名前で検索すると、その関連記事ばかりが表示されるようになりました。
そこで、インターネット上の関連記事を検索結果に表示されないようにしたい、ということで弊所にご相談されました。

ベリーベスト法律事務所での
対応と結果

弊所では、Eさんからの相談を受け、即座に各サイト運営者に対し、該当記事を削除することを求めて、弁護士名で通知を行いました。
各サイト運営者と一部交渉することもありましたが、結果として、検索結果に表示されていた記事の削除や非表示を実現することができました。

弁護士からのコメント

任意での削除請求がうまくいった事例です。相手方が任意での削除や非表示に応じない場合は、さらに仮処分や訴訟といった手段に移行することになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち情報

弁護士Youtuber × 削除請求チーム 誹謗中傷の削除請求について動画で解説! どっちに頼めばいいの 削除代行業者と弁護士の違い 用語集 削除請求の知識を学ぼう
初回相談料 60分無料

通話無料/平日9:30〜18:00

0120-733-043