テーマ別対応策 口コミやレビューサイトに 悪評が書き込まれて困っている

口コミやレビューサイトに悪評が書き込まれて困っている

家族や友人と食事に行くとき、病院にかかるとき、美容院に行くときなどには、口コミサイトでレビューをあらかじめチェックする、という方も多いのではないでしょうか。特に、初めて行くお店やクリニック、美容院は、良し悪しがわからないため、ネット上に口コミが載っていると便利でしょう。

しかし、レビューの中にはあまり良くないことが書かれていることも少なくありません。お店の印象が良くなければ、レビューもネガティブなものになる傾向があります。そうすると、そのお店は客足が遠のいてしまい、経営に支障をきたすことも考えられます。このような場合、サイト管理者に書き込みを早急に削除してもらう必要がありますが、どうすればよいのでしょうか。

例えばこんなことで悩んでいませんか?
  • グルメサイトに「あそこの料理はマズい」と書き込まれ、客足が遠のいた
  • クリニック比較サイトで、「医者が横柄な態度だ」と書き込まれた
  • ホテルの口コミサイトに「あのホテルは清潔感がない」と書かれて困っている
  • SNSで「店員の態度が悪い」と書き込まれて炎上した
  • 「このお店はぼったくりで有名」などと根拠のないことを書かれている

解決方法

解決方法は、大きく2つに分けることができます。
1つは、書き込みを削除するという方法です。もう1つは、書き込みをした人を特定するという方法です。書き込みをした人を特定した後は、その人に対して損害賠償請求をしたり、刑事告訴をしたりすることが考えられます。

 は、当事務所でお手伝いできることです。

(1)Googleマップへの削除依頼 任意交渉による削除請求

Googleマップでは、口コミが「ポリシーに反するもの」、「禁止および制限されているコンテンツ」、「法令違反のもの」のいずれかにあてはまれば、削除してもらえます。削除依頼はお店や会社の経営者でも第三者でもできます。

ビジネスオーナーとして削除依頼をするには、Googleのアカウントを取得し、「Googleマイビジネス」にログインして「ビジネスを管理」を選択します。メニューの「口コミ」に入り、削除依頼したい口コミを選んで「不適切な口コミとして報告」をクリックします。第三者の場合は、Googleマップでお店を検索して地図上の店名を選択し、「口コミの概要」の表示からレビューの件数をクリックします。削除依頼したい口コミの右側にある縦に3つ並んだ点をクリックすると「違反コンテンツを報告」が出てきます。それをクリックし、メールアドレスと違反の種類を選んで「送信」ボタンを押せば完了です。

(2)食べログへの削除依頼 任意交渉による削除請求

食べログに書かれたお店の口コミを削除依頼したい場合は、食べログのトップページの「キーワード」にお店の名前を入れて検索し、星が並んでいる横にある「○件」と書かれているところをクリックします。削除依頼したい口コミを見つけたら、口コミの下部にある「問題のある口コミを連絡する」をクリックしましょう。すると、お問い合わせフォームが出てきます。メールアドレスと投稿のどの部分が利用規約に違反しているのかを記載して、画面の最下部にある「上記の同意事項に同意の上、記入した内容を確認する」をクリックし送信します。

(3)jpnumber.com 電話番号検索(JPナンバー)への削除依頼 任意交渉による削除請求

「jpnumber.com 電話番号検索(JPナンバー)」とは、電話番号から企業や個人を特定できるサイトです。そこには、その電話番号がどこの誰だったのかについて誰でも投稿できるようになっていますが、投稿内容を見ると「しつこい迷惑電話」「悪質業者」などのネガティブな書き込みが多く見られます。ここで社名を特定できる形でネガティブなことを書き込まれた場合は、削除依頼することができます。

トップページの最下部にある「ご利用案内」をクリックすると、「クチコミ削除の基準」が掲載されています。書き込み内容がこの基準に合致している場合は、「こちらまでご連絡ください」の「こちら」をクリックすると、メールソフトが起動するので、削除してほしい旨を書いて送信しましょう。

(4)Hot Pepperへの削除依頼 削除請求の仮処分申立

Hot Pepperに投稿された口コミは、投稿者も削除ができません。Hot Pepperでは、口コミがアップされる前に審査が行われているため、事実でない書き込みや権利侵害につながるような書き込みはそもそもアップされないようになっています。しかし、公益性の観点から、冷静に感想を伝えるものであれば、お店にネガティブな印象を与えるものでもそのまま掲載されてしまうのです。

ただ、審査の段階で内容をチェックしきれていない可能性もありますので、裁判所に仮処分を申し立てることで権利侵害があった旨を立証すれば、削除してもらえる可能性は高くなります。

(5)楽天トラベルへの削除依頼 任意交渉による削除請求

楽天トラベルの口コミを削除するには、

①口コミ表示期間を3か月間にする
②運営会社に規約違反を報告する
③口コミの投稿者に削除依頼する

の3つの方法があります。

①は、サポートデスクに電話をして、口コミの表示期間を3か月のみにする旨を伝えます。そうすれば、表示の切り替えの完了日から3か月後に口コミが表示されなくなります。

②は、お問い合わせのページを開き、必要事項を入力して、お問い合わせ内容には口コミが規約違反であることを書いた上で送信します。

③は、投稿者の連絡先が分かる場合のみに利用できる方法です。直接相手方に連絡を取り、削除を依頼します。

(6)calooへの削除請求 任意交渉による削除請求

calooでは、病院・医療機関などの関係者もしくは弁護士からの削除依頼のみ受け付けてもらえます。削除依頼をするときは、専用のウェブフォームから連絡をします。

フォームに病院名や所在地、電話番号、削除したい口コミのURLやタイトル、投稿者など必要事項を記入します。その後、口コミの内容がどう事実や現状と異なるのか、どのような権利侵害にあたるのかを詳しく説明しましょう。口コミがcalooのガイドラインに違反するものであれば、削除してもらえる可能性が高くなります。

口コミやレビューサイトの書き込みに関して
ベリーベスト法律事務所が
お手伝いできること

任意交渉による削除請求 削除請求の仮処分申立

たいていの口コミサイトや比較サイトには、お問い合わせフォームが用意されています。悪評のレビューや口コミを削除してほしい場合は、そこに「権利侵害に当たるので削除してほしい」旨を書いて送信できるようになっています。しかし、個人で削除依頼をしたところで、対応してもらえず悪評がそのまま掲載され続けることも少なくありません。

しかし、弁護士を通じて請求をすれば、サイトの運営会社に削除を検討してもらえる可能性が高くなります。また、任意交渉で応じてもらえない場合は、裁判所に仮処分の申し立てをし、認められれば、申請をすることで仮処分が認められて裁判所から仮処分命令を発令してもらうすることができます。仮処分命令が発せられた場合、を発することでほとんどの相手方は削除に応じます。実害が出てしまう前に、ネガティブな書き込みを見つけたら迅速に弁護士に相談することが重要です。

弁護士に依頼すると、料金が高いのでは…?! 費用について

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち情報

弁護士Youtuber × 削除請求チーム 誹謗中傷の削除請求について動画で解説! どっちに頼めばいいの 削除代行業者と弁護士の違い 用語集 削除請求の知識を学ぼう