削除依頼・投稿者の特定に関する
用語集

サジェストとは

読み方 さじぇすと

サジェストとは 〜ネガティブなサジェストワードの削除はできる?〜

GoogleやYahoo! JAPANなどの検索エンジンの検索窓に何らかのキーワードを入力すると、「そのキーワードとともに検索されることの多いキーワードの候補」が表示されることがあります。この表示機能を「サジェスト」と言い、候補として表示されるキーワードを「サジェストワード」といいます。

サジェストは、検索エンジンを利用する人にとっては検索窓への入力の手間が省けたり、他の人が調べている検索内容を知ることができたりするため、とても便利な機能です。しかし、検索される企業や個人にとっては、企業名や個人名とともにネガティブなサジェストワードが表示されてしまうと、ユーザーにマイナスのイメージを与える原因ともなってしまいます。たとえば、「A社」と検索窓に入力したときにサジェストワードが「A社 詐欺」「A社 ブラック」と表示された場合、ユーザーは、A社が詐欺を行った、A社がブラック企業であるなどと疑う可能性が高くなります。このようにサジェスト機能によって、社会的評価が下げられてしまう状態は「サジェスト汚染」ともいわれています。

1.サジェストに表示されたワードの削除は可能?

検索エンジンでネガティブなサジェストワードが表示されてしまう状態となった場合には、サジェストワードの削除を検討しましょう。削除(表示されなくする)の方法としては、削除フォームからの依頼と逆SEO対策の2つが考えられます。

(1)削除フォームからサジェストの削除をする方法

Googleなどの検索エンジンには、不適切なサジェストが表示された際に、そのワードの削除依頼をするための削除申請フォームが用意されています。代表例として、Googleの削除申請フォームから行う方法を解説します。

Googleでは、検索窓にキーワードを入力したときに表示されるサジェストワード一覧の右下に「不適切な検索候補の報告」と表示されます。この表示をクリックすると、その時に表示されているサジェストワードに関する削除申請フォームが表示されます。このフォームを利用することで,Googleに対してサジェストワードの削除申請をすることができます。

ただし、簡易的な方法での報告であるため、削除されないことも少なくありません。
「不適切な検索候補の報告」からの申請で削除されなかった場合には「法律に基づく削除に関する問題を報告する」というページからの削除申請が考えられます。申請をするにはフォームに沿って、不適切なサジェストワードやその理由などを入力します。申請後、しばらくするとGoogleから登録したメールアドレス宛てに削除の可否についての連絡が来ます。

以上の方法は個人でも行うことができます。もっとも、Googleに削除の可否の判断を適切に行ってもらうためには違法となる理由を法的根拠に基づき説明する必要があります。そのため、法的な知識を備えた弁護士に依頼することをおすすめします。

(2)逆SEO対策によってサジェストの削除をする方法

「SEO(検索エンジン最適化)」とは、対象となるサイトページを検索結果の中で上位に表示させやすく対策することです。対して、逆SEOとは、対象となるサイトを上位に表示させにくくすることです。「リバースSEO」と呼ばれることもあります。

逆SEO対策では、ネガティブな内容が書かれたサイトページを2ページ目以降など相対的に下位に表示させ、ポジティブな内容のサイトページを相対的に上位に表示させるようにします。
ネガティブな内容が書かれたサイトページが下位に表示されるようになることで、ネットユーザーに認知されにくくなり,サジェストワードとしても採用されにくくなります。

逆SEO対策をするには、専門業者による対応が必要です。
ただし、継続的対応が必要になるため作業費用が比較的高額になる可能性があることに加え、サジェストワードを完全に削除するわけではないので、時間が経つとまたネガティブなワードが表示される可能性があります。

2.ネガティブなサジェストは放置しない

ネガティブなサジェストを放置しておくと、企業であれば社会的評価が低くなり、業績や採用活動などに影響が出るおそれがあります。また、個人であれば、いわれのない誹謗中傷につながる可能性も懸念されます。
ネガティブなサジェストを見つけた際は放置せず、早めの対策を心がけましょう。迷った場合は、インターネット上のトラブルの解決実績が豊富な弁護士に相談することをおすすめします。

お役立ち情報

弁護士Youtuber × 削除請求チーム 誹謗中傷の削除請求について動画で解説! どっちに頼めばいいの 削除代行業者と弁護士の違い 用語集 削除請求の知識を学ぼう
初回相談料 60分無料
tel

通話無料/平日9:30〜18:00

0120-733-043