よくある質問

自分(自社)で削除請求をすることはできないのですか?

可能です。しかし、あまりお勧めはできません。

削除請求をする場合、まずはプロバイダに任意で削除してくれないか交渉するところからスタートします。
この段階の作業は、請求の対象となる情報を特定し、書面やメールを送付することになるので、ご本人様(貴社)が対応することも可能です。

しかし、プロバイダ側が削除を渋ってきた場合には、弁護士を入れて対応するべきです。プロバイダによる任意の削除が期待できない場合、次の手段として、裁判所に対し仮処分命令の申立てを行うことになります。
この申立ては、ご本人様(貴社)でもできることになっていますが、申立ての文面、必要書類等、経験がないと分からないことも数多くあります。
それらの点で手間取ってしまうと、情報が削除できないまま時間だけが経ってしまうので、迅速な対処のために弁護士に依頼することをお勧めします。
また、弁護士を付けただけで相手方の態度が変わり、裁判所に対する申立てまでしなくとも、相手方が任意の削除請求に応じてくれることもあります。

同じメニューの質問(削除請求・削除依頼)

お役立ち情報

弁護士Youtuber × 削除請求チーム 誹謗中傷の削除請求について動画で解説! どっちに頼めばいいの 削除代行業者と弁護士の違い 用語集 削除請求の知識を学ぼう
初回相談料 60分無料
tel

通話無料/平日9:30〜18:00

0120-733-043